札幌の注文住宅の完成見学会・モデルハウス

新琴似の家 HS DESIGN

オープンハウスレポート

新琴似の家 HS DESIGN

当サイトにもご掲載いただいている「HS DESIGN」さんの内覧会に行ってきました。

まずは玄関から。

上は木毛セメント、壁はケイミューのSOLIDO(ソリド)という新商品。

そして、インターホン周りは塗り壁。
非常にカッコイイ玄関です。
また、木製ドアもとてもいい感じですね。

 

玄関内部。m.a.p の木製ドアは、ドアクローザーが内側に収まっているので見えません。
そして、無垢の腰掛け。集成材ではなく、無垢の耳付きのを使用しているのがイイですね。

 

玄関横に階段がありますが、滑り止めの溝が面白い形をしていました。

そして、階段を見上げると、、、

 

すごい存在感です。
これは外壁にあったケイミューソリドの内装用らしいです。

 

実際に見ると中々良い質感と肌触りです。
照明を少し壁側に寄せてこの壁を照らしています。

 

階段の途中にチラリと穴?
ここは後で出てきますが和室と繋がっています。

ここに物を飾るのでしょうか?
面白い空間ですね。

 

2階リビングから。

 

 

インターホンとスイッチはブビンガという木を使用したもの。
玄関ドアの鍵穴をここに付けて、キー置き場に。

 

ダイニング周りもブビンガ。
このブビンガは、陽が当たる場所だと段々茶色くなって
ウォールナットのようなイイ感じの色になります。

リビングからダイニングキッチンを望む。
上部の間接照明がイイ感じです。

キッチン裏の収納の扉は造作。

こちらは和室。
アクセントカラーとPSパネル(暖房パネル)が良いですね。

 

先ほどの階段にあった空間はこんな感じです。

 

こちらはリビングの窓台。
いたるところにブビンガの無垢材を使用しています。

 

床下暖房のルーバーです。
無垢フローリングを加工して造作しています。
これも取り扱いしている商品があったりしますが、
少し出っ張り、ごつい枠が付くのでこうして造作すると綺麗になります。
HS DESIGNではこれが標準仕様です。
(そもそも完全なる注文住宅なので標準というものは存在しませんが)

 

細かな所で、、手すりを少し斜めにすることで握りやすくなります。

 

こちらは造作の洗面。
洗面台はモールテックスという左官材です。
表面強度があり、クラック(ひび割れ)しにくいというメリットがあります。

 

好みはありますが非常に面白い素材です。

比較的どんな素材の上からも塗れるので下地はランバー材などで作ってその上から塗ったり出来るようです。
モールテックス自体は高いですが、現場で塗るのではなく左官屋さんの工場で塗って現場に納品すれば多少コストカットできるのかな?
まぁでも、既製品よりは高くなるとは思いますが。

使うか使わないかは別としてこうした面白い素材や新商品の提案もしてくれる。
それを面白いと感じ、信じて使ってくれるクライアントがいて、こうして素敵な家が出来ていくのだと思います。