札幌の注文住宅の完成見学会・モデルハウス

『H Residence』Atelier Casa

オープンハウスレポート

『H Residence』Atelier Casa

アトリエカーサさんの~プロジェクト『H Residence』海が望める家~ のオープンハウスに行ってきました。
場所は苫小牧と札幌からは少し遠いエリアでしたが、絶えず見学者・関係者が訪れて、注目度の高さがうかがえました。忙しそうで、家の事はあまり聞けずに残念(笑。

私はアトリエカーサさんの家は2軒目、「集う家」も内覧させていただきましたが、その時はリノベーション。中と外のギャップが非常に面白い家でしたが、今回は完全なる注文住宅でさらに豪邸。心躍らせながら苫小牧まで足を運びました。

 

まず、ファサードから圧倒されました。

外観はもうセンスですね。
道南杉が良いアクセントになっています。
複雑な形状をしていながらも、シャープで洗練されている印象です。
この道南杉の開口部にも意味があるのですがそれは後程。

 

玄関ホールに窓はないですが、左上の開口部から柔らかな光がさして決して暗くありません。
中に入り、まずリビング・ダイニングエリアに行くと、

 

大開口の造作窓がシンメトリーに配置されています。
もちろん、外構はまだですが、ここに素敵な庭なんかが出来ると来客者はもちろんですが、自分たちにとっても居心地の良い素敵な空間となるのではないでしょうか。

 

こちらは造作のキッチンと背面収納。
日本化成のデコリエという素材です。
ベルギー製のモールテックスという左官材は結構知られてきていると思いますが、それの日本製?のような感じです。
左官材なのでコテの感じが柄として出るので好みが分かれる所ですが、非常に面白い素材です。

 

こちらはリビング。上から何やら間接照明のような柔らかな光が差し込んでいます。

 

近くに行って見上げるとこんな感じです。
自然の光をうまく操っています、すごいの一言。

 

こちらは、来客者用?の離れの和室。
2段下がりになっています。
段差を付ける事で空間を仕切る役割になっているのでしょうか。

ちなみに、この和室の手前にある窓。
窓枠がないのもですが、台形になって広がっています。
視覚的にも窓の大きさ以上の広がりを感じさせます。

 

こちらも間接照明がとてもイイ感じです。

 

こちら、和室の窓。
窓枠を隠すことで余計なものを排除し、切り取ったような風景を見る事が出来ます。
ここにイイ感じの庭を作ると、お客様に最高のおもてなしできるのでは?
もし自分が泊まりにに来て、ここに素敵な庭がライトアップなんてされていたら感動しますね。

 

大開口の造作のカーテンウォール。
一般的な考えだと、こんな大きな窓寒いのでは?または、外から丸見えなのでは?とお思いになる方もいるかと思いますが心配ご無用。
しっかりとした暖房計画と設計の妙によって、こんな大開口でも上記の心配はないようです。
これは体感していただかないとわからないかもしれません。

 

階段前にあるコンクリート部分は観葉植物を置く予定のようです。
奥が離れのゲストルームなのでちょうど階段正面とゲストルームとを観葉植物で軽く空間を仕切る意味でも良いのではないでしょうか。
また、よく通る場所に緑があるとそれだけで癒されますね。

 

階段部分。写真ではわかりにくいかもしれませんが、階段正面の上の窓も右側が斜めになっていて広がっているのです。
そして、鉄骨階段の手摺りは突き刺さったような納まりになっています。スッキリです。

 

2階に上がるとこんな眺めが。
なかなかの開放感です。

 

バッチリと太平洋が望めます。

 

2階のセカンドリビング的なスペースも広々としていて、最高に居心地が良さそうな空間です。
こちらも正面の窓の配置がシンメトリー。

ちなみに左の暖房のPSパネルは、鉄素地のクリアー仕上げ。
各部屋一部を除いてこのカラーの暖房パネルですが普通白をチョイスしたくなるところをあえてこのカラー。
良いアクセントになっているような気がします。

 

似たような感じで、こちらのトグルスイッチ。
黒皮鉄という鉄本来の素材感があるものです。

 

こちら主寝室。宙に浮いているような演出がとてもイイです。
背もたれに少し傾斜があるのは、寄り掛かった時の姿勢を配慮したため。
よく考えられています。

 

さぁ、ここからはさらに、すごいな~と思った部分。

こちら特等席のカウンターです。
左右に大きな窓とカウンター部分に窓がありますが、
このカウンターの窓からちょうど太平洋が望めるのです。
しかし、ただ太平洋が見えるというだけではありません。
この部分外から見ると、

この道南杉の部分にあたります。
外(道路)から見ると一切窓が見えないのです。
外から見えないという事は、中の窓からも道路は見えません。
特等席のカウンターの窓からは、下の道路や向かいの家は見えずに、海の景色だけが望めます。
この道南杉の開口部の高さ、大きさにはしっかりと意味があり「見たいものだけを見る」工夫が施されているのです。

 

その他、写真ではわからなかったかもしれませんが、壁は一部を除いてゼオライトを使用。
これもぱっと見ではなかなかわからない部分ですので質感などをぜひ体感してほしいです。

 

 

今回のオープンハウスでは、お風呂はまだ途中でしたので見れませんでしたが、
造作なのでおそらくすごく素敵なお風呂になっているのでしょう。
上記の写真は、お風呂にある窓です。

ここには坪庭が作られるのでしょうか。
これはぜひ見てみたいところです。

当日家に関するお話を詳しく聞けなかったので後日メールにて少し伺いました。

やはり、海の見える高台にある土地のため海が望める家を創る事。
ただ、その海の見せ方にも色々と工夫を施しているそうです。
窓を付けて海が望めます、だけではない一工夫・二工夫あるのでしょう。

そのロケーションを生かした設計以外にもオーナーさんの想いと造り手のこだわりが家に詰まっていたのは言うまでもありません。
設計のポイントなどに関してはやはりメールだけでは書ききれないほど色々あるようなので後日お話をお聞きしたいと思います。

本当は実際に家を見て体感してほしい所ですが、写真で見ても住まい手と造り手のこだわりは伝わったかと思います。

私個人の感想としては、今回のお家はアトリエカーサさんの創る家の中ではそこまで奇抜ではなかったのですが、細部までこだわった上質な空間という印象を受けました。

建築家の方は敷居が高く見られるのでよほどこだわりがある人以外には敬遠されがちですが、一度お話を伺うとまた違った世界が見えると思います。
なお、オープンハウス時は、まだ完成形ではありませんでしたのでアトリエカーサさんのWEBサイトの事例で見てみてください。

H Residence 海が望める家